ホーム > 大会・シンポジウム > 大会案内

大会大会|大会・シンポジウム

一般講演における発表用ファイルの受付とパソコン使用に関する注意事項

日本雑草学会第 57 回大会運営委員会

一般講演(口頭発表)において,会場に設置したノートパソコンと液晶プロジェクターをご使 用いただくことができます。発表者がお持ちのパソコンをプロジェクターにつないでお使いいた だくことはできません。
発表用ファイルを以下の注意事項をお読みになって作成の上,参加・演題登録システム(12月公開予定)にて事前に登録してください。発表時にトラブルが発生しないよう,注意事 項に従い万全の準備をお願いいたします。

1.発表用ファイルの準備

・発表会場には,ノートパソコン(Windows 7 以上)と液晶プロジェクターを用意します。プレ ゼンテーションソフトウェアとしては,下記の 2 種類が使用可能です。
1)PowerPoint Viewer (PowerPoint 2013 またはそれ以前の PowerPoint で作成したファイ ル,拡張子は.pptx または .ppt)
2)Adobe Reader(PDF ファイル,拡張子は.pdf。ページの向きと縦横比にご注意ください)
・ファイル名は,講演番号と発表者氏名をアンダーバーで結び,57_ZASSOU_Taro のようにし てください(すべて半角)。講演番号は3月上旬に公開予定のプログラムでご確認ください。
・発表用ファイルは,上記環境で正常に動作することを条件とします。
・ファイルサイズは 6MB 以内を厳守してください。保存形式として.pptx と.ppt を選択できる場合は,.pptx にした方がファイ ルサイズは小さくなります。その他,下記の解説も参考になります。
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint-help/HA010355854.aspx
http://support.microsoft.com/kb/921257/ja
・スライド内に講演番号を入れていただく必要はありません。

2.発表用ファイルの提出

・発表ファイルは参加・演題登録システム(12月公開予定)での事前アップロードすることで受け付けることとします。受付期限は 4 月 12 日(水)正午 です。それ以降は,セキュ リティー上の理由で差し替えも含めて受け付けできませんのでご注意ください。
・動作確認は,発表当日に講演会場に設置されたパソコン上においてご自身で行っていただきま す。

3.発表中の操作

・大会スタッフは,セッション開始前に,セッション全体の発表用ファイルが保存されたノート パソコンをプロジェクターに接続し,待機状態にしておきます。
・発表にあたって,パソコンの操作は発表者ご自身で行っていただきます。
・1演題の発表時間は 15 分で,説明 12 分+質疑応答 3 分を標準とします。計時係が 10 分に 1鈴,12 分に 2 鈴,14 分 30 秒に 3 鈴を鳴らしてお知らせします。発表時間には,プレゼンテー ションの立ち上げ時間にかかった時間を含みます。

4.トラブル時の対応

・動作確認で万一問題が生じた場合に備え,予備のファイルを USB メモリ,ノートパソコン等に 保存して持参されることをお勧めします。動作確認で問題が生じた際には担当までお知らせく ださい。
・ファイルのトラブルで発表開始から 1 分経過しても映写が開始できない場合は,座長の判断で 講演要旨による発表に切り替えていただきます。あらかじめご了承ください。

5.問い合わせ先

E-mail: conf2018●wssj.jp (●は@に変換してください)

» 第57回大会のお知らせ

 

大会・シンポジウム

このページの先頭へ