お知らせ

2021.6.9
(公財)農学会より第20回日本農学進歩賞の受賞候補者推薦についての依頼があります。詳しくはこちらPDF(102.3KB)をご覧ください。(7月9日締め切り)
2021.5.13
2022年度日本雑草学会賞受賞候補者推薦について、詳しくはこちらをご覧ください。(7月末日締め切り)
2021.4.26
第60回大会のベスト講演賞が決定しました。詳しくはこちらPDF(190KB)をご覧ください。
2021.4.9
創立60周年事業の一つとして新設する「雑草アーカイブ」のサンプルページと写真募集のご案内を会員専用ページの会員サービスに掲載しました。
2021.1.19
2021年度日本雑草学会賞および論文賞が決定しました。詳しくはこちらをご覧ください。
2020.10.28
雑草学会60周年事業ご支援のお願いについて、こちらPDF(93.6KB)をご覧ください。
2020.7.15
6月末に2019年のインパクトファクター(IF)が公表され、英文誌(WBM)は前年の1.000から0.892に低下しました。一方、同時に公表された5年IFは1.158と、若干向上しています。IFは質の高い論文を多数掲載することで高まります。皆様からのご投稿を心よりお待ちしています。
2020.7.15
英文誌(WBM)のAuthor Guidelines(投稿ガイドライン)の日本語訳を用意しました。投稿の際にご活用ください。
2020.7.3
英文誌(WBM)は、受理論文の実態に合わせて、ページ数の制限を緩和しました。原著論文、技術レポートは6ページが8ページに、総説は8ページが10ページになりました。例えば仕上がりで8ページ以内の原著論文は、著者に日本雑草学会員が含まれていれば無料で掲載することができます。詳しくはAuthor Guidelines(日本語訳はこちら)でご確認ください。
2020.7.3
英文誌(WBM)は、フリーフォーマットサブミッションを導入しました。今後は学術論文としての体裁が整っていて、研究内容が理解できる原稿であれば、書式の詳細に関わらず受け付けて、審査を進めます。ただし、修正原稿を再投稿する際には、WBMの書式に正しく合わせる必要があります。詳しくはAuthor Guidelines(日本語訳はこちら)でご確認ください。

» 更新履歴